2016年05月15日

お子様の困り感…ワーキングメモリが原因かも!?

 こんにちは!あんしんキッズ東あずま教室の今本です。
週末になってようやく、連休明けの身体のリズムが戻ってきた方もいるのではないでしょうか?これから徐々に汗をかく時期になってくるので、水分補給をこまめにした方が良いですね(^◇^)

 以下のような悩みを持っているお子様・保護者様は多くいらっしゃると思います。
 ・落ち着きがなくすぐに立ち歩く。
 ・周りのお友達と一緒に行動するのが苦手。
 ・学習が定着しにくい。
 ・指示通りに上手く動けない。
 ・ノートに書き写すのが苦手。
 ・カッとなりやすい、パニックを起こすことがある。
 
 などが挙げられますが、お子様の個性が時として問題行動となって出てきてしまうこともあります。
 その主な原因が
 ワーキングメモリの少なさ 
にあると言われています。
 ワーキングメモリは、「脳のメモ帳」とも呼ばれていて、学習能力や作業の処理能力、人とのコミュニケーションにも影響します。特に発達に心配のあるお子様は、このワーキングメモリの容量が小さい傾向にあります。
 日常生活の様々な場面で少ないワーキングメモリに配慮してあげることで、お子様のやりづらさを軽減することが出来ます。
 例えば、
 声掛けを短くシンプルにする、イラストや写真を見せる
 といった工夫でこちらの言いたいことがお子様に伝わりやすくなります。
 あんしんキッズではお子様のワーキングメモリに配慮したプログラムを行っております。

 次回はワーキングメモリの役割について解説していきます。

〜お子様の可能性を引き出します〜
 東京都指定 放課後等デイサービス
『運動・学習による子供自立支援教室 あんしんキッズ』
  << 東あずま教室 >>
 東京都墨田区立花1-23-5-114 サンタウン立花
   電話:03-6657-4425  FAX:03-6657-4426
   http://anshin-kids.jp/
posted by あんしんきっず at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月27日

子供の成長につながる! 〜コーディネーション能力 Part2〜

 こんばんは!
 この頃日中は半袖の人も歩いているぐらい暖かくなってきましたが、日が沈むと急に冷え込むときがまだあります。身体の免疫力が落ちやすいこの時期に、しっかり体調管理をしておきたいですね。

 さて、今回は7つのコーディネーション能力の解説後半です。
 C連結能力
 D識別能力
 Eバランス能力
 F反応能力
 について解説していきます。

 C連結能力
 関節や筋肉の動きをタイミング良く同調させる能力のことです。身体の各部分の動きをスムーズにつなぎます。
 ・跳び箱運動(助走〜踏み切り〜開脚・着手〜空中バランス〜着地)
 ・鉄棒逆上がり(鉄棒把持〜短助走〜蹴り足〜体幹引き付け〜振り足〜回転) etc

 D識別能力
 手や足、用具などを精密に操作する能力のことです。相手や物をよく見ること、力加減や方向をコントロールします。
 ・野球のバッティング
 ・サッカーやバスケットのシュート
 ・縄跳びや鉄棒 etc

 Eバランス能力
 不安定な体勢でもプレーを継続する能力のことです。
 ・片足立ち(静的なバランス)
 ・自転車の運転(動的なバランス) etc

 F反応能力
 合図に素早く反応する能力のことです。
 ・徒競走のスタート(単純反応)
 ・球技での味方の声に対する反応(選択反応) etc

 以上が子供の成長に大切なコーディネーション能力7項目でした。このような運動は、継続して繰り返し行うことがとても重要です!あんしんキッズでは、お子様が集団生活でコミュニケーションが取れるようになるよう、運動面では脳や神経系に上手く働きかけるものを取り入れています。
ご相談・見学は随時受け付けております。

〜お子様の自信・成長につながる〜
東京都指定 放課後等デイサービス
『運動・学習による子供自立支援教室 あんしんキッズ』
  << 東あずま教室 >>
 東京都墨田区立花1-23-5-114 サンタウン立花
   電話:03-6657-4425  FAX:03-6657-4426
   http://anshin-kids.jp/
posted by あんしんきっず at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月25日

子供の成長につながる! 〜コーディネーション能力 Part1〜

 こんにちは!
 あんしんキッズ東あずま教室の今本です。

 今回は、お子様の発育に大切なコーディネーション能力について説明します。
 コーディネーション能力は、身体の様々な感覚を使って、自分の身体を上手に使えるようにするための能力の事です。コーディネーショントレーニングを続けると運動能力だけでなく、学習能力やコミュニケーション能力の向上にもつながります。神経系に働きかける作用が大きいので、お子様のゴールデンエイジ(前回ブログ参照)の時期に行うととても効果的です!

 コーディネーション能力は以下7つの要素から成り立っています。
 @定位能力
 A変換能力
 Bリズム能力
 C連結能力
 D識別能力
 Eバランス能力
 F反応能力
 
 今回は、@〜Bまで解説していきます。

 @定位能力 
 相手やボールなどと自分との位置関係を正確に把握する能力の事です。別名「空間認知能力」とも言います。
 ・球技などスポーツ全般
 ・人とぶつからないように歩く
 ・マスからはみ出さないようにする etc

 A変換能力
 状況に合わせて、素早く動作を切り替える能力の事です。方向変換や動きにブレーキをかけることにつながります。
 ・ターンやカッティング、フェイント動作
 ・加速、減速 etc

 Bリズム能力 
 タイミングを合わせたり、テンポ良く身体を動かすための能力です。動きを真似したり、イメージを表現することにもつながります。
 ・ダンス
 ・反復横跳び
 ・縄跳び、ケンケンパ、スキップ etc

 次回はC〜Fの能力まで説明します。

 〜運動ならお任せください〜
 東京都指定 放課後等デイサービス
『運動・学習による子供自立支援教室 あんしんキッズ』
  << 東あずま教室 >>
 東京都墨田区立花1-23-5-114 サンタウン立花
   電話:03-6657-4425  FAX:03-6657-4426
   http://anshin-kids.jp/
posted by あんしんきっず at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記